おりーぶ保育室

生活

年間行事計画・ディリ―プログラムに沿って、規則正しい生活を育んで行きます。日々の日課・遊びの中から、子どもたちと保育者との信頼関係を築き、五感を大切にした生活を送っています。毎日の生活を大切に積み重ねながら、保護者の皆さんと一緒に子育てをしていきたいと考えています。

年間行事

4月 入所 進級式
5月 子どもの日行事食 春の遠足
6月 歯科検診 健康診断
7月 七夕まつり行事食 プール開き
8月 盆踊り(町内)
9月 なし
10月 連携園ミニ運動会
11月 いも堀り 秋の遠足
12月 クリスマス会(行事食) ミニコンサート 健康診断
1月 新年の集い
2月 節分 親子リズム遊び
3月 ひなまつり会 お別れ会
- 〇毎月の身体測定・避難訓練 〇誕生会は随時

デイリープログラム

7:30 登所 一人一人を受け入れます。
視診によって保護者と子どもの状況を話し合います。全員が揃うまでお友達や保育者と一緒に楽しく遊びながら待ちます。
9:15 水分補給 十分な水分補給をします。
9:30 朝の会 朝の会 おはようのうた・季節のうた・手遊びのうた・絵本・紙芝居 (季節に即したもの)など、いろいろなお話をみんなで楽しみます。
10:00 散歩 天白川の河川敷・土手、保呂公園、保呂グランド、タコ公園、中曽根公園などへ散歩へ出かけます。
11:00 帰園 帰園後は、手足を洗って着替え、水分補給をします。
11:15 給食 子どもの月齢にあわせて、手作りで添加物の少ない自然のものを使った給食を食べます。
11:45 午睡 子どもたちの午睡をチェックしながらノートや日誌の記録を行います。
14:30 起床 着替えておやつの準備をします。
15:00 おやつ 手作りのおやつをみんなで食べます。食べた後は後片付けをしながらお迎えを待ちます。
16:00~18:30
降所
保護者の皆様へその日の子どもの様子をお伝えしながらしっかりコミュニケーションを取ります。

こんな子どもたちに育ってほしい

丈夫な体

風邪など病気になっても回復力が早い体力を養う。

豊かな情操

絵本(大型絵本)・紙芝居・お話・遊び・自然の中での散歩・エプロンシアター・パネルシアターなどにより心をより豊かにする。

自分で考えて行動する

どんな状況の中でも自分で考え、自分の力で切り拓いていく。

自分を大切にして思いやりがある

自分が大好き!人が大好きな子。

挨拶ができる

登降時・散歩中で出会う人たちに挨拶ができる子。

乳児期の子どもについて

おりーぶで過ごす乳児期、特に0歳児の時期は、人が人として育つ土台が形成される時期です。子どもたち一人一人に丁寧に関わりながら心身を育んでいきます。また、乳児期の子どもたちが成長していく過程で最も大切なことは「お友達とたっぷり遊び、一緒に好き嫌いなくモリモリ食べてぐっすり眠ること」です。この大切な日課を保護者の皆さんと職員が力を合わせて大切に保障し、子どもたちの育ちを共に見守っていきたいと思います。そして、子どもたち・保護者の皆さん・私たち職員にとっても、楽しく安心できる場所を作っていきます。